ぽんじゃございませんか、ぽんぽん♪

こんな世界があったなんて。
TOPスポンサー広告 ≫ 落語 『猫の皿』TOP今日のぽんすぅ ≫ 落語 『猫の皿』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

落語 『猫の皿』

今日は、噺家のぽんさんにお越しいただきました。
それでは、落語 『猫の皿』 をお楽しみください。


********************


「え~毎度ばかばかしいお噺を一席。」


地方で古いものを買い付けては江戸に持ち帰り、骨董品として売る果師(はたし)。
旅姿で買い付けに行ったが、目ぼしい収穫もなく夕暮れを迎えた。
 
茶屋で休むと、三百両でも飛ぶように売れる名品「高麗の梅鉢」で猫が飯を食っている。


お笑いを一席

 「おいおいおい。
  ありゃ高麗の梅鉢じゃねえか。
  あの猫なんつう高い皿を使ってやがる。
  さてはあの親父、
  あの皿の値打ちを知らねえんだな。」





なあ、親父さん

 「なあ親父さん、
  飼ってた猫が逃げちゃったんで
  代わりの猫を探してたんだ。
  三両であの猫、譲ってくんねえか。
 
  猫は器が代わると餌を食わなくなるから、
  この皿も貰っていいかい。」





ところが茶屋の親父、その皿は差し上げられないと別の皿を出してくる。
「それはあたしの秘蔵の品で、高麗の梅鉢という三百両は下らない品。どうかご勘弁を。」


「なんだってそんな高価な皿を猫に使わせてるんでえ?」

「へえ、あの皿で飯を食わせると、猫が三両で売れます。」


にゃはははは



これこれ、ぽんさん。
自分でそんなに大笑いしちゃぁ・・・(^^;






*参考ブログ*
 落語400文字ストーリーさん
 落語あらすじ事典 千字寄席さん
 短編小説極楽堂さん

一部、文章を引用させていただいております。
著作権の侵害にあたる場合は、ご指摘ください。m(_ _)m



ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

編集
こんばんは

ぽんちゃん、見事な高座でございます。
話の親父さん、ネコを3両で売るためとはいえ、
300両の皿を使うとは。
よく考えれば、凄い度胸ですよね。

うちのサラも、先日まんじゅうこわいをやりました。
落語やってるように、見えますよね。
2012年11月09日(Fri) 21:43
shah-san様☆
編集
コメントありがとうございます!
あら、サラちゃんも?記事、かぶっちゃいましたか。(笑)

「まんじゅうこわい」、今、拝見してまいりました。
お座布団の上で本格的ですね♪
サラちゃんは、落語もできる女優さんなんですね♪
「定番」のオチも、”おあと”がよろしかったです。(^^)
今度、shah-sanさんの演出で、うちのぽんもぜひ使ってやってさい。\(^^)/
2012年11月10日(Sat) 10:36
編集
ぽんさん噺家にもなれるんですね~♪
2枚目、ホントに『なあ親父さん』って言ってるみたいで
思わず笑っちゃいましたよ。
2012年11月10日(Sat) 16:21
編集
うふふ♪
だんだん ぽんさんが着物着ているように見えてきました!
三つ指ついてる感じがホント高座でお話しているみたい!
師匠!うちのコをぜひ弟子入りさせてくださいー!!
2012年11月10日(Sat) 17:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

tree

Author:tree
主人+猫2匹と暮らしています。

neko:ぽん(♂)
2012年5月10日、
道端で出会いました。
天然系キジトラ。

neko:すぅ(♀)
2012年11月11日、
「いつでも里親募集中」を
通じて我が家にやってきました。
おしゃべりな薄キジ白。


*****
当ブログはリンクフリーです。
*****
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
  ↑
ランキングに参加しています。
ぽちっと押してもらえるとうれしいです♪

「猫のいる暮らし」新着記事

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。