ぽんじゃございませんか、ぽんぽん♪

こんな世界があったなんて。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 猫の本&DVD
CATEGORY ≫ 猫の本&DVD
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

『ネコあるある』

待ち合わせまでに時間があると、つい立ち寄ってしまう本屋さんで、
つい見てしまうペットコーナー。

”ちょっと立ち読み”のつもりだったのに、読み出したら可笑しくて可笑しくて、
・・・買ってしまいました。



ネコあるあるネコあるある
(2012/11/08)
ナガタ クミコ

商品詳細を見る



猫との暮らしの中での、思わず「あるある!」といってしまうネタを集めてあります。


:新聞紙を床に広げて読んでいると、上に乗ってくる。
:箱があると、大小に関係なくとりあえず入って落ち着く。


などの鉄板ものから、


:体を懸命になめているときに不意に名前を呼ばれると、ベロをしまい忘れて振り向く。
:物は踏まないよう用心深く避けて歩くくせに、人間は踏み台にする。


など、思わず、吹き出してしまうもの、


:横にゴロンと寝るより前足の上に顔を置いて寝るほうが、実は熟睡している。
:ほっぺたの骨の出っ張ったところを、若干ツメを立てて掻いてあげると恍惚の表情になる。


など、「へ~、そうなんや~」のトリビアものなどが、
かわいいイラストとともに並びます。


:ネコがトイレで踏ん張っているときに目が合うと、お互いなんか気まずい。
:玄関で鍵を開けてドアを開くと「おかえり」顔で待っている。
 知らない人が同伴だと「しまった」顔で立ち去る。


など、うちに当てはまる「あるある」もいっぱい♪


そして、猫好きな皆さんに、思わずにやっとした、この「あるある」を捧げます。

:寝ているだけで「かわいい」とほめてしまう。
 食べているだけで「かわいい」とほめてしまう。



「あるある~~~!!」ですよね~。(*^▽^*)/



ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

『殺処分ゼロの理由』

殺処分ゼロ
殺処分ゼロの理由 [ 松田光太郎 ]



私にとっては、飼い主としての肚が決まった本でした。


著者は、熊本市動物愛護推進協議会の会長さん。

殺処分ゼロという不可能を可能にした”熊本方式”と呼ばれる取り組みについて、
ただ目の前に起きたことに一つずつ取り組んでいるだけ」と言い切ります。

動物愛護推進協議会のメンバーは、
獣医師会、動物愛護団体、動物取扱業者、盲導犬使用者の会、行政と、
それぞれが、それぞれに対して、あまりいい印象をもっていない人たちの集まり。

そんな中でも、皆の中の「動物が好きだ」という一致点を信じ、
"時間をかけて話し合う"ことだけをやってきた」、とも。


「立つ位置が違う相手を認めること。
 それができなければ相手を知ろうとすること。
 相手が言うことを認めること、
 それができなければ聞こうと努力すること。」


思わずメモしてしまった文章の数々は、人生全般に通じると思いました。


募金活動のこと、譲渡会のこと、地域猫のことなど、いろいろなエピソードが語られる中で、
私が感じたのは、著者のバランスのよさと、ぶれない強さ。

違いを認め合い、その先にあるものを求める姿勢と
根底に流れる”命”への思い。


今手のひらに乗っている小さな生き物から伝わってくる暖かい体温。この温もりを意識」すること。
このような、優しさがにじみでた文章で、
"正しさ"ではなく、
相手の立場を認めたうえでの"思いに基づいた行動"について記されているせいなのか、
読みながら、抵抗なく、自分にできる行動について考えさせられました。


私の立場は”飼い主”。

”熊本方式”では、飼い主に対して、

1.室内飼いをする
2.避妊・去勢手術をする
3.迷子札をつける

という3つの約束を実践するよう啓発しているそうです。

私が潜在的にもっていた「猫を自由にさせてやりたい」という思いに対して、
ずばり、

「ネコを飼育するということはネコを人間社会に取り込む」ということであるから、
「人間社会で守らねばならないルール」がネコにも要求されてくる。
「ルールを守るということはその分自由を失う」ことであり、
「ネコに要求されるルールは、飼い主が守らなければならない。」

と書かれていました。

すこーんと腑に落ちました。

記事冒頭の”飼い主としての肚が決まった”瞬間です。

ぽんと暮らすことへの責任をしっかりと自覚させていただいた気がしています。
ぽんを人間社会へ取り込んだ責任を果たしていく覚悟、ですね。

なんでしょう?
押しつけられた感はまったくなく、
あなたに任せたよ!って飼い主として認められた感じなんですよね~。不思議。

等身大の私で命と向き合える、そんな感じがしています。



ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

『あなたが私に語ること』 in 「ねこぱんち」

昨晩は主人が留守だったので、独身気分でコンビニへ行った。

プチ旅行でもしているような、妙に開放的な気分になりながら、
お弁当やらデザートやらを買って、雑誌コーナーに立ち寄って・・・

びっくり!

猫マンガばかりが掲載された雑誌があった。2種類も。

これまで猫に興味がなかったから、そんな雑誌があることも知らなかったし、
そんな雑誌がコンビニに置かれるほど人気があることも知らなかった。

猫好きの人って、そんなに多いんだぁ!w(゚o゚)w

猫の世界に足を踏み込んだ者の一人として、勉強のためにそのうちの一冊を買ってみた。

P1080447_convert_20120915215117.jpg
ねこぱんち 73(六周年号) (にゃんCOMI廉価版コミック)


見事に猫を題材にした作品ばかり。
かわいいなと思う作品あり、まだ少しついていけないなと思う作品あり。


そんな中で、これは!と思った作品が1つ。


奈知未佐子さんの『あなたが私に語ること』


動物の気持ちがわかるアニマル・コミュニケーター侑川十子(ありがわとおこ)さんが、
猫ちゃんの気持ちを飼い主さんに伝えてあげるお話。

登場する猫ちゃんの一生懸命な姿や優しい気持ちを、伝える十子さんと受け止める飼い主さん。


静かなトーンのやさしいお話に思わず涙ぐんでしまった。

読み終えたあと、やさしいやさしい気持ちになって、とろけそうだった。

ぽんが愛しくて愛しくてたまらなくなった。


一話ずつ読み切りの作品で、わんちゃんバージョンは、単行本にもなっているみたい。
これは、ぜひ読みたい。

猫ちゃんバージョンが単行本になったら、即買いすると思う。

んでもって、奈知さんの他の作品も、要チェック!
久しぶりにマンガを大人買い!・・・してしまうかも~~~。



奈知さんのHPも発見♪


ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

『うちの猫の長生き大事典』

うちの猫の長生き大事典 (学研ムック)うちの猫の長生き大事典 (学研ムック)
(2012/04/10)
学研パブリッシング

商品詳細を見る


「ぽんはまだ子猫やし~」と、本屋さんで見かけてもなんとなく避けていたこの本。
図書館にあったので、思わず借りてしまいました。

”子猫のころからめざせ!!ご長寿猫”との謳い文句。

1、健康をサポートするフード選びと与え方
2、体のお手入れの仕方
3、ストレスをかけない部屋づくり
4、病気やケガのサイン
5、動物病院の利用のしかた

等々、たくさんの写真入りでわかりやすく解説してあります。

だんだんとページをめくる手が重くなってきたのは、

6、おうちでの看病・介護のしかた
7、猫との別れを迎えたら

あたりから。

「まだまだ子猫やし~」と避けてきたのは、このあたりの記事を読むのが辛かったからだとわかりました。

ぽんとの別れを想像しただけで、鼻の奥がツーンとする飼い主。
愛猫の介護や、看取る経験をされた方々の手記が、胸にせまります。

でも、読んでよかったなぁと思ったのは、
なんだろ・・・覚悟ができたこと?

それらの手記は、とことん愛した記録だと思いました。
病や死すらも、愛するものの一部。

ぽんとの別れがやってきたとき、私は多分、七転八倒するでしょう。
ペットロスになる自信もあります。
晴れてそうなろうと覚悟を決めたのでありました。



あと、ペット関係のブログ上でよくみかけ、気になっていた「虹の橋」という言葉。
そのもとになった詩も紹介されていました。
原作者は不明のまま、静かに、ペットを愛する人たちの間に広まっているそうです。


「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に
「虹の橋」と
呼ばれるところがあります。
誰かと愛し合っていた動物は、
死ぬとそこへ行きます。

そこには豊かな草や丘があり、
みんなで走り回って遊びます。
食べ物も水もたっぷりあって、
お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せです。

病気だった子も、年老いていた子も、
傷ついて不自由になっていた子も
みんな元気になり、
元のからだを取り戻すのです。

だけど、
ひとつだけ不満があります。
残してきた誰かが、ここにいないこと・・・。

でもある日、
その中の1匹が立ち止り、
輝く瞳で遠くを見つめるのです。
そして緑の草の上を走りはじめます。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、
再会の喜びに固く抱き合います。
そしてもう二度と
離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたに降りそそぎ、
あなたはあなたの友を
優しく愛撫します。

それからあなたたちは、
一緒に「虹の橋」を
渡っていくのです・・・・。




・・・。(TωT)




ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

『ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし』

飼い主、こんな本を見つけて、興奮しております!
        ↓

ヨーロッパを旅してしまった猫のはなしヨーロッパを旅してしまった猫のはなし
(2005/05)
平松 謙三

商品詳細を見る



猫と旅ができる?!

きゃあきゃあきゃあ なんてすてき

実は、私たち夫婦は、大の旅行好き♪
壁に世界地図を貼って、行った国に印をつけては、にまにましている夫婦だったのです。

前回の旅行は、去年10月のフランス。
そろそろ旅に出たい病が発症する頃なのだけど、
まさかのぽんとの出会いで、すっかり巣ごもり派に転向したと思っていたのですが・・・


1.猫と飛行機に乗る
2.猫とドライブ
3.猫と泊まる&食べる
4.猫をはこぶ
5.猫とめぐるヨーロッパの町々
6.猫と見たヨーロッパのデザイン
7.猫とくらし
8.旅する猫のトレーニング
9.猫と旅をするために忘れてはいけないこと

ああ、なんて魅惑的な目次


こんな本を見つけた日にゃあ、旅の虫にうずくなと言うほうが無理というもの。

本に登場するノロちゃんの賢さや穏やかさに触れるにつけ、
うちのぽんにできるかしら?という不安は募るものの、わくわくが止められない飼い主なのでした。



ノロちゃんの旅行中の写真日記、著者の平松氏夫妻が経営されているお花屋さんのHP上でも見れるそうです。→こちら


るるる~ 夢はふくらむ~


ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


『猫ぱんち』

猫ぱんち―二匹の猫との暮らし猫ぱんち―二匹の猫との暮らし
(2005/12)
小泉 さよ

商品詳細を見る


イラストがとってもとってもかわいいです。

無条件に癒されます。

猫を飼わなければ、目につかなかった本だけど、
猫を飼っていなくても、見ればきっと好きになった本です。

かわゆい。
「かわいい」を「かわゆい」と言ってしまうほど、かわゆいです。

この方が描いた猫のイラストが載った手帳があったら、
絶対買っちゃうなぁ。

ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

『猫の飼い主はじめました。』

猫の飼い主はじめました。猫の飼い主はじめました。
(2009/05/27)
森田 もりーな

商品詳細を見る



ぽんを飼い始めて、いろんな How to本を読み漁っていたころ、出会った本です。

How to本も読み過ぎると、
「ああしたほうがいい、こうしたほうがいい、
これには注意しましょう、あれはやめましょう」
に圧倒されて、身動きがとれなくなったり、
本によって真逆のことが書いてあったりするので混乱したりして、
なんだか窮屈だなぁと思い始めるもので。

そんな時にふと手にしたこの本は、
猫を迎え入れる準備の段階から、
トイレのこと、えさのこと、しつけのこと、飼い主の気持ちなど、
ツボをおさえたコンテンツながら、
「うちはこうしたよ♪」のスタンスで書かれているので、

そうかぁ、うちはうちでどうしようかなぁ~

と肩の力が抜けたのを覚えています。


この本、今日、あらためて見直して気づいたのですが、
ブログがありました。

URLが書かれていたので、アクセスしてみると、→ ここ
まだ、続けられているんですね!♪

この空気感、好きだなぁ。。。と、改めて、自分の好みを確認できて、
私も、こんな飼い主さんになりたいなと思った次第です。

ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

プロフィール

tree

Author:tree
主人+猫2匹と暮らしています。

neko:ぽん(♂)
2012年5月10日、
道端で出会いました。
天然系キジトラ。

neko:すぅ(♀)
2012年11月11日、
「いつでも里親募集中」を
通じて我が家にやってきました。
おしゃべりな薄キジ白。


*****
当ブログはリンクフリーです。
*****
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
  ↑
ランキングに参加しています。
ぽちっと押してもらえるとうれしいです♪

「猫のいる暮らし」新着記事

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。