ぽんじゃございませんか、ぽんぽん♪

こんな世界があったなんて。
TOP ≫ CATEGORY ≫ ごはんのこと
CATEGORY ≫ ごはんのこと
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

魚は2~3週間に一日が目安??



目下の悩みは、ぽんが手作りごはんを食べてくれないこと。

武士は食わねど


が、魚なら、少し口をつけてくれることがわかりました。

そういえば、猫缶は、魚系だし、

うちに来た当初、あらゆるドライフードを食べなくなったときも
「カリフォルニアナチュラル」の”フィッシュ&ポテト”という
魚です!って感じのカリカリだけは、食べていたっけ。

ぽんがかなりの偏食家だということを再認識しましたよ。


が~~~!

新しく手にいれた、猫ごはんの本に、

「猫にとって最適な食材は、生の獣肉類。
魚メインのごはんは2~3週間に1日を目安に。」

と書いてあるのを発見。
  ↓

おうちでかんたん猫ごはん―愛情たっぷり健康レシピおうちでかんたん猫ごはん―愛情たっぷり健康レシピ
(2011/05/06)
廣田 すず

商品詳細を見る


いや~ん。
そうなの?そうなの??


ブログ村に参加しています。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問がとだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m
スポンサーサイト

食べる?食べて?食え!

 
手作りごはんにチャレンジしています。

わしわし

が、手作りごはんを食べている写真が、最初をのぞき、
すべて すぅの写真なのにお気づきでしょうか。

そうです。
ぽんは手作りごはんを食べません。(T^T)

最初のうち、徐々に手作りごはんに慣れさせようと、
市販の猫缶を利用していました。

いや、にゃんこだけでなく、作り手も慣れる必要があったので。(笑)

猫缶に、いろんな野菜を刻んで混ぜてみる方法。

もともと、カリカリより猫缶のほうが好きだった ぽんは、
喜びいさんで食べておりました。

が!
そろそろ、完全手作りに・・・と、張り切り始めた途端、
「なんですか、これは。ぼくは、いりません。」状態。

なんでやねん。

豊後鶏やで。
牛肉やで。
スーパーの安売り品やけど・・・。

ゆでましょか?
焼きましょか?
生でいきますか?
ミンチがいいですか?
塊が大きすぎましたか?
ペースト状にしましょか?

なんでも食べる すぅが、わしわしとがっつき始めるのを尻目に、
匂いを嗅ぐだけ嗅いで、ぷいっといなくなる ぽん。

お~の~れ~~~~

ささみがいいですか?
胸肉にしましょか?
砂肝いきますか?
レバーはどうですか?

え~~~い! 食わんかいっ!!


手作りごはん、一筋縄ではいきません。(T-T)


ブログ村に参加しています。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問がとだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m

ねこまんま考


手作りごはんを作るようになって思うのは、
昔の”ねこまんま”って、結構、理にかなっていたんじゃないか?
ってこと。

いや、人間の食べ残しをそのまま与えるのは、問題あるのかもしれないけれど、
猫ごはんを作るとき、
人間のお味噌汁をつくるついでに材料をとりわける方法が、
一番楽なんですよね~。

最初のうちこそ、レシピ本を見ながら、材料をそろえて、
量を計りながら猫ごはんを作っていましたが、

そんな面倒くさいことが、私に続くはずもなく・・・

だんだんといい加減になってきて、
『かんたん!手づくり猫ごはん』に書いてある、
基本の「肉魚類:野菜類:穀類=7:2:1 」だけ、気をつければいいかなって。

人間のお味噌汁を作りながら、
最後の、味噌を入れる前に、具をちょちょちょいと取り出して刻む。

これを猫ごはんに利用するようになって、
ごはん作りが俄然 楽になったんです。

猫に玉ねぎは厳禁なので、
お味噌汁に玉ねぎを入れれなくなったのは、残念ですが。(^^;

お味噌汁の具なら、材料の組み合わせなんかも自然と決まってくるし、
昔ながらのおいしい組み合わせって、栄養的にもいけてるような。。。

そんなことを考えながら、手作りごはんを作ってます♪


うまうま


ブログ村に参加しています。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問がとだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m

初心忘るべからず

 
アマゾンで、手作りごはんの本を探しているとき、
「私、やっぱり、手作りごはんにチャレンジしてみよう!」
と決心するきっかけになったレビューに出会いました。

ここで勝手に引用していいのか、よくわからないのですが、

『ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん』のレビューの中の、
「アマゾン太郎」さんのものがそれ。

「アマゾン太郎」さんは、2人いらっしゃるのか、
同じ方が2度レビューを書かれたのかよくわからないのですが、
星5つのレビューのほうです。

こちら→ 


レビューには、
・満足するまで食べても適正体重を維持できるようになったこと。
・手作りにすることで、愛猫の性格や好みがわかるようになったこと。
・猫だけでなく人間のほうも、食の意識が変わること。
・猫と心がつながること。

などが、体験談として書かれていて、
それを読んだとき、

「この感じ、すっごく欲しい!!」と思ったんですよね~。


そもそも、ごはんについて考え始めたきっかけが、
ゴミまで漁るようになった、腹ぺこ隊の出現でしたから、
おなかいっぱい食べさせてあげれるというのは、とっても魅力的に感じたのでした。


うまし


←腹ぺこ隊隊長 ”すぅ”




その後、手作りごはんについていろいろ調べる中で、
手作りごはんを実践されている方々の体験談に触れる機会も増え、

もしかしたら、ぽんの、猫風邪からくるくしゃみや涙目が治るかも・・・

なんて期待も抱くようになりました。

病院で、ずっとつきあっていくしかないと言われた、猫風邪。
涙目も、大きな鼻くそを飛ばしながらのくしゃみも、当たり前のようになっていましたが、
それが治るとしたら・・・

ぽんの鼻くそ


← ぽんの鼻くそ




めっちゃ、うれしい! → 手作りごはん、やってみる!!

となったわけです。


そうそう、そうだったそうだった。
初心忘るべからず。

よし!やるぞ!!


ブログ村に参加しています。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問がとだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m

はじめての手作りごはん顛末記

 
いざ、手作りごはんにチャレンジ!!と
手にいれた本は、こちら。
         ↓



先の須崎病院の院長先生監修。

『ネコに手づくりごはん』よりもとっつきやすい内容で、
いろんなレシピが載っているのだけど、いざ作ろうとなると、
材料がなかなか揃いません・・・。

なんせ、初心者。
レシピ通りでないと、怖いし。(^^;


と、いうわけで、
この中から、材料もすぐそろって、一番作りやすそうな、「サバ豆腐」を作ってみました。

サバの水煮缶と豆腐とブロッコリー。

ブロッコリーをゆでてみじん切り、あとは、すべての材料をまぜるだけ。


どうかな、どうかな?と、ぽん&すぅに差し出すと・・・

はじめての手作りごはん
 

さば豆腐


た、食べた!!

くんくんと嗅ぎまわったあと、なぜか、二人でお皿を交換し、
念のため投入していたカリカリには目もくれず、
「さば豆腐」に食らいついた~~~~~!!!!


こ、これはうれしい!
かなりうれしい!
めちゃめちゃうれしい!

これが、手作りの喜びかぁ~~~~☆と感激に浸っていると、

「もういいです・・・」
と、お皿から離れる二人。

残りました


(゚ー゚?) あれ?
まだ、たくさん残ってますけど・・・?

さっきの喜びが急速にしぼんでいくのを感じていると、
なんと、すぅが、ぶるぶる震えているではありませんか!

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||


体を摺り寄せてくる すぅを撫でながら、ネットで猫の震えについて調べると、
・体温がさがっている
・有毒物質を食べた
・内臓の破裂
などが原因とあって、慌てること、このうえなし。

サバがあたったか?
骨がつきささったか?

病院へ行かねば。
今、開いてる病院は?

などと、どたばたしているうちに、震えもおさまり、
すやすやと眠り始めたので、ひとまず様子をみることにしたのですが・・・・


はじめての手作りごはん。
しょっぱなから、喜びと怖さの両方を体験してしまいました。


思うに、冷蔵庫から出したばかりのお豆腐をまぜたので、
ごはんが冷え冷えだったのではなかろうかと。

ひと眠りして起きてきた すぅが、
流しに置いたままの「さば豆腐」を漁っているのを見て、そう思いました。


恐るべし、食欲大魔神。
でも、今回は、その逞しさに大いに救われた飼い主なのでした。



ブログ村に参加しています。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問がとだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m





手づくりごはんが気になる

 
やっぱり”手作りごはん”が気になるなぁ・・・と思って
図書館で、本を探してみました。

犬の手作りごはんの本はたくさんあるのに、
猫は少なめ。

なんでかな??


とりあえず、借りられるやつを借りて、読んでみました。

ナチュラル派のためのネコに手づくりごはんナチュラル派のためのネコに手づくりごはん
(2004/02)
須崎 恭彦

商品詳細を見る


著者は、薬を使わず、体質改善で自然治癒力を高めて病気を治す病院として有名な
須崎動物病院の院長先生。

”手作りごはん”について調べていると、必ずといっていいほど出てくるお名前ですね。

「自然治癒力」の話とか、「症状は肉体の浄化に必要な反応」という解釈とか、
ベースにある考え方が私は好きだなぁ。

市販のペットフードは絶対だめ、というのではなく、
選択肢の一つとして手作り食も、というスタンスにもほっとします。

一番気になる、手作り食の”栄養バランス”については、
「栄養は体内で必要に応じて、自動的につくり変えられる」ので、
「体内で合成できないものを食材からとる」ように注意していれば、
ちゃんとした食材を使っている限り、特に心配はいらないとのこと。

ちなみに、体内で合成できないものとは、
ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸。

実際に手作り食を作るときには、
それらがどの食材からとれるかを
ちゃんと勉強する必要がありますね~。
(この本でも学べますが。)
この辺りが、大変そう・・・。


あと、”水”の大切さについても書かれていました。
実は、栄養バランスよりも大切なのではないか、と。

ペットフードに含まれている化学物質が問題視されるけれども、
体内にとどまらせずに排泄してしまえばいいのだから、
食べ物を体内で処理・排泄するサポートとしての水分が足りないほうが問題なのではないか。

なるほど~。
水分は、そういう点でも大事だったのかぁ。

うちのぽんも、あまり水を飲まないから、
食事から水分をとるのはいいかもしれません。


本には、実際の手作り食レシピや、
手作り食への切り替え方、
食事内容の見直しの方法などについても記されています。

手作り食について、不安に思ったり、神経質になったりする気持ちは軽減されそうだけれど、
カリカリをやるときよりは、猫の様子に気を配り、
じっくりと向き合う必要はありそうです。

当然といえば当然だけど、忙しい時期はちょっと無理かなぁ・・・?

今はヒマだし、
ちょっと作ってみようかな♪という気になって、レシピを見ましたが、
フィッシュオイルとか、マルチ・ビタミン・サプリメントとか
ミネラル・タブレットとか書いてあって、
それはどこで手に入るのですか?・・・という感じ。

すぐに面倒臭くなる私は、またもや中断。

気になるわりには、なかなか実行できない手作りごはんだけど、
気になるものは気になる。

というわけで、次はレシピがいっぱい載ってる本を
手に入れることに。

いよいよ、手づくりにチャレンジ?!



ブログ村に参加しています。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問がとだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m

『ペットフードで健康になる』


私が料理が得意だったら、すぐに手作りごはんにチャレンジしたと思うのですが、
台所にたつと気分が悪くなっていた時期があるくらい、料理が嫌いな私は、
+αするごはんを市販のペットフードから探すことにしました。

水分のことを考えて、ウェットで、評判のいいものを、と調べるものの、
ウェットって、選ぶ基準があるようなないような・・・?
猫の好みに合わせるくらい??


そんなとき、『ペットフードで健康になる』という、
”よいペットフード”を探して取材を重ねた人が書いた本がある
と知って、読んでみました。


ペットフードで健康になる!ペットフードで健康になる!
(2005/01)
坂本 徹也

商品詳細を見る



いいペットフードを選ぶ参考にしようと思って読んだのですが、
なんというか、「大丈夫か、ペットフード?」という気分になりました。

いやいや、この本で紹介されているのは、
原材料や製法にこだわって、ペットのための、よいペットフードを作ろうとしている会社で、その信念や真剣さは心打たれるものだったのですが・・・。

それらの会社が、安全な原材料の調達やら、栄養を破壊しない製法、価格設定、保存方法、
流通方法 等々に、苦心している様子を読めば読むほど、

じゃあ、今、一般に流通しているペットフードって・・・?

という疑問が浮き彫りになってくるのでした。

例えば、1kgいくらでそのフードが売られているかを見れば、
食品関係の仕事についている方なら、その原材料がどれくらいの品質か、
だいたい予想はつくそう。

この本で紹介されているような、
原材料にこだわり、栄養素を壊さないように手間をかけた製法で作られた製品は、
1kg1200円以上にしても利益が出ないらしい。
そして、それは、問屋や小売店分を加算していない金額だというから、
「今、ペットショップで1kg1000円そこそこで売っているフードの品質って・・・?」
って思ってしまうのです。


なんか、ズドーンと気分が重くなるような感想をとりあげてしまいましたが、
本の中には、各社の、ペットの健康への考えがしっかりと記されているので、
そんな風に考えるのか!と、ためになった部分も多かったです。

私が個人的に好きだなぁと思ったのは、「ジロ吉ごはん」さんかなぁ。
腸内細菌からのアプローチをしている「さてらいと」さんも興味深いなぁ。


ウェットフード探しから、思わぬ方向に話がいってしまいましたが、
ちょっと高いけれど、いいものを作ろうとしているペットフード会社があるとわかったのは
収穫でした。


この本は、
「 フード選びがペットたちの健康を左右することは、何度となく書いた。(略)
 この子のためにうちは月2万円、あるいは3万円の食費をかけてあげようと決め、
 そうした観点からもう一度、ペットフードを見直してみよう。
 そうした見直しは必ず病気知らずの身体をつくることになり、医療費を節減するはずだ。
  そのためのアドバイスはどこからもらえばいいの?という人のために、
 私はこれを書いた。」
と締めくくられています。


月2~3万・・・
おっしゃっていることはよくわかるし、私もできればそうしたいけれども・・・もごもご・・
本気で健康を考えると、高くないお値段なのかなぁ。。。

う~ん、食選び、
ますます混迷を極めてます・・・


ブログ村に参加しました。
ぽち、いただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村




※諸事情により、更新、コメントのお返事、皆様のブログへの訪問が
 とだえがちになっております。
 不義理をお許しください。m(_ _;)m

プロフィール

tree

Author:tree
主人+猫2匹と暮らしています。

neko:ぽん(♂)
2012年5月10日、
道端で出会いました。
天然系キジトラ。

neko:すぅ(♀)
2012年11月11日、
「いつでも里親募集中」を
通じて我が家にやってきました。
おしゃべりな薄キジ白。


*****
当ブログはリンクフリーです。
*****
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
  ↑
ランキングに参加しています。
ぽちっと押してもらえるとうれしいです♪

「猫のいる暮らし」新着記事

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。